EVENT NEWS

【展示導入】皆様お待たせしました!新生DIATONEブックシェルフスピーカーDS-4NB70B入荷です!

涼しくなりましたね、芋焼酎がおいしくて毎晩飲んでます。 オーディオスクェア相模原店の杉村です! ビッグニュース! 9月29日発売予定の 新生DIATONE「DS-4NB70」の試聴機が入荷しました! 発売前から音が聴けます! 特に!前回の試聴会(2017年9月...

2013年11月8日金曜日

Accuphaseの純A級プリメインアンプ、E-600展示開始しました!!

40周年モデル的意味合いなのか、プリメインアンプでは初の600番台が起用されました。
アキュフェーズではA-65などのA級アンプの最上級モデル(現在ではA-200)にはメーターが精度の高いデジタルメーターを使用する慣習があるようですがE-600もそれに倣ってデジタルです。
電源入れたばかりですが、とにかくパワフルでくっきりと音を結びます。
これならOPENルームのスピーカーだけでなく試聴室でもつかえるかもしれない!?

本当?と思った方は是非店頭で確認してみてください!




B&WのCMシリーズ最上級モデルCM10の展示を開始しました!!

皆さんご存知のCMシリーズに最上級グレードが誕生しました。CM10.

800シリーズのように丸みを帯びたボディ形状ではなくCMシリーズの流れでスタンダードな四角い箱。
この箱の天板にちょんまげの如くツイーターを乗せたのが本モデルです。
ツィーターが箱から出て行ったおかげでCM9のウーハーが2個に対してCM10では3個になりました。
これにより低域が更に強化された訳ですが、その強力な低域で全体のバランスがとれているのは新開発のツイーターユニットが優秀であることの証明ともいえます。
記念モデルとも言えるあのPM1で培った理論から軽量で強度の高いアルミドームを作ることに成功したようです。

店頭では805SDの隣に展示しています。一度聴き比べてみませんか?


SONYが贈るHDDプレーヤーHAP-Z1ES展示開始!!

これからのオーディオの流れを創造するのはいつでも日本のSONY・・・であって欲しい。
このHAP-Z1ESはネットワークプレーヤーではありません。
本体に内蔵する1テラのHDDか本体裏のUSB-A端子に外付けHDDを接続するかしてPCにリッピングないしダウンロードした音楽を転送して使用します。基本的に本体に内蔵して使用するので操作は非常に快適に動いてます。
ただし私のように古い人間だとHDDと言えばクラッシュという暗いイメージもつきまといます。
多くの写真や音楽データを失って愕然としたことのある方も少なからずいらっしゃるでしょう。
しかしながらHAP-Z1ESに関してはあくまでパソコンのライブラリから転送するわけで
仮に、本体が飛んだとしても修理した後にPCから再転送ということが可能な訳です。
これで私のマイナスイメージは払拭されました。PCから本体へ転送するのには専用ソフトを使用するのですがこれがまた便利に出来ています。
例えば、音楽をPCのMY MUSICなど特定のフォルダにいつも保存しているとすれば、専用ソフトでそのフォルダを常時監視に設定すると既に転送済みの音楽を除いて、新たに追加された音楽だけを自動的に転送してくれます。
ややこしい操作なしで音楽を純粋に楽しむためのプレーヤーとして大変意義のある商品がここに誕生したと私は思っています。SONYでは12月にハイレゾ対応のウォークマン(ポータブルデジタルオーディオプレーヤー)も発売予定です。合わせてみなさん、いかがです?

DENONのNEWモデル、DCD-SX1の展示が入荷しました!!

相変わらずのしっかりとした作り込みには関心するばかりです。
筐体の強固さは音にも表れていて重厚なサウンドには目を見張ります。
もちろんUSB-DAC機能も装備されて、DSD音源にも対応しています。

DYNAUDIO Excite X34 展示入荷しました!!

Exciteシリーズがモデルチェンジしました。

今回、展示導入したのはExcite X34です。
予算を考えFOCUSとExciteの狭間で悩んでいた方はまず聴いてみましょう。
ダイキャストの足も効いているのか重心が低く厚みのあるサウンドに生まれ変わりました。
コンパクトなトールボーイタイプなので部屋にマッチさせるのも楽そうです。

まずは店頭へ足をお運び下さい、お待ちしております。